Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

MS医療ダイエットは処方薬による糖質制限で確かな減量効果を実感!

MS医療ダイエットの再診は、スマホやパソコンで診察!通院しなくてOK!

医療ダイエットms が確実に楽にダイエットできるとうわさを聞いて調べてみたら・・・

我慢をしないダイエットはMS医療ダイエットでした!

MS医療ダイエットは医療痩身だから「短期間で効果が出た」と人気!

初診のみ病院まで行きますが、再診はオンラインで、スマホやパソコンで遠隔診療、

処方箋薬で痩せることができるのです!

ダイエットはどんな方法で取り組みますか?

肥りすぎを気にして、ダイエットしたい!と決意した時、どんな方法でダイエットしますか?

・酵素サプリメント?

・ファスティング?

・ジムに通って運動する?

・ライザップのようなパーソナルトレーニングで、食事と運動をチェックしてダイエットを目指しますか?

ダイエット方法は様々ありますが、絶対痩せたい人は医療ダイエットが確実!

それは、MS医療ダイエットです。

医学は進歩していますので、ちょっと費用はかかりますが、理想のスタイルを手に入れたければ、おススメです!

MS医療ダイエットの 効果

中性脂肪値が高めの人が多い

「30代までは食べても太らない体質だったのに、40歳を過ぎてからじわじわと太り始めた」

「以前は体重が2~3kg増えてもすぐに戻っていたのに、今は戻らなくなった」

このように言う人は多いですね。

40代では4人に1人にものぼる中性脂肪値が高めの人がいます。(厚生労働省の調査)

40代になると太る原因は、誰にでも起こる「老化」現象なんです。

生活習慣の乱れが原因で中性脂肪が多くなるのは「食べ過ぎ」「酒の飲みすぎ」「運動不足」など

思い当ることがありませんか?!                          

仕事が忙しくて、帰宅するのは夜遅く・・・

帰宅するとほっとしてビールの一杯が美味しい(^^♪

美味しい夕食を、ゆっくりお酒を飲みながら食べる・・・最高に幸せなひと時ですね!

でも、健康上は深夜の食事はNG!

中性脂肪値は150mg/dlが注意ラインと日本動脈硬化学会では言っています。

健康的な身体になるには?

生活習慣の乱れが原因というからには、生活習慣を改めなければなりませんよね!

でも、仕事や生活のリズムを変えるのはタイヘン(*_*;

仕事で遅くなって、楽しみを抑えなくてはいけないなんて、かえってストレスになりそう・・・

そこで、お医者さんに頼って、MS医療ダイエットで処方させる痩身薬を飲むだけで、余分な糖質や脂質を排出しますから、リバウンドしにくいというのは、魅力的ですね!

MS医療ダイエット・痩身薬の効果とは?食べ過ぎをなかったことに!

中年太り、メタボ予備軍、など40代に近づくと、いつのまにかぜい肉がついてきますよね。

このような状態は、カロリーの摂りすぎ、食べ過ぎですが、それをリセットできたらいいですね!

ダイエットの痩身薬の働きは、処方薬による糖質制限で

食べ過ぎた糖質や脂質を身体に溜め込まないで、排出します。

薬に頼らない場合、糖質のとり過ぎをなくすには?生活習慣を変える?

生活習慣を変えることで、食べ過ぎた糖質をなかったことにできる方法

①食べ過ぎた日の翌日はいつもより主食の量を減らす

②甘いものは食べない

③糖質の代謝を助ける栄養素を摂る

<糖質の代謝を助ける栄養素とは?>

●ビタミンB1

ビタミンB1が不足すると糖質を分解する働きが悪くなります。

ビタミンB1が多く含まれる食品は豚肉・うなぎ・レバー・玄米・胚芽米・さば・たらこなど

●ナイアシン

ナイアシンは糖質、脂質・タンパク質の代謝に関わる重要なビタミンです。

ナイアシンが多く含まれる食品は、鶏肉・カツオ・いわし・たらこ・ピーナッツ・干ししいたけ

④いつもより多く運動をする

これだけの努力をしないと、食べ過ぎた糖質をカットできないんですね!

MS医療ダイエットでオンラインで診察して、自分に合った痩身薬を飲んだらどうでしょう?

糖質吸収抑制薬・脂質吸収抑制薬の働きは?

処方薬の有効成分が肥満の原因に働きかけます。
食べたものは食道を通り、約10分~15分で胃まで届き、1~3時間で消化します。
糖質吸収抑制の処方薬は食事をする前に飲むと、糖質が体内に吸収されるのを防ぎます。

糖質吸収抑制薬

食前に飲むと糖質が体内に吸収されるのを防ぎます。
小腸での糖質の吸収を阻害します。吸収されなかった糖質はガスとなって排泄されます。
食べ物が胃から小腸、十二指腸でさらに消化されますが、処方薬はここでの糖質の消化を阻害します。

糖質を過剰に摂っていると、脂質は体内に蓄積され、肥満の原因となります。

処方薬を飲んでいると、体内に脂質を吸収させないで、便などとともに体外に排泄させます。

脂質吸収抑制薬

食前に飲むと脂質が体内に吸収されるのを防ぎます。

胃・十二指腸で消化吸収された食べ物は、小腸かた大腸へ。この時で食事から8時間~10時間過ぎています。
処方薬は大腸内でスムーズな排泄を促すために、便に状態を軟便にし滞留便も一緒に体外に排泄させるのです。

便秘解消薬

食前または食間(食事2時間後)に飲用することで大腸内の滞留便の一緒に体外に排泄させます。

余分なものを溜め込まないのですね!


糖質吸収抑制薬

腎臓は血液をろ過して、糖、老廃物、塩分を一旦、尿として排泄します。

体に必要なものは再吸収、体内に留める働きをしますが、処方薬によって余っている糖質は腎臓から膀胱へ送られます。

腎臓から膀胱へ送られた糖質は、尿とともに、すべて体外に排泄させます。

MS医療ダイエットの処方箋薬を飲むと、

余分なものを尿や便で排泄して、体内に溜め込まないということですね!

他の医療ダイエットはどんな方法があるの?

医療ダイエットといっても、いろんな方法があります。

・例えば、脂肪を凍らせて体外に除去する脂肪溶解注射

・胃の中にシリコン製のバルーンを留置、食事量が少なくなり、結果として体重を減少することが期待できる治療です。留置後12ヶ月後に取り出す必要があります。

・外来GLP1ホルモン療法・痩せるホルモン=GLP-1ホルモンを注射する。

外科手術など、自由診療ですので、かなり高額の医療費になります。

 

いろいろな医療ダイエットがありますが、MS医療ダイエットは医師に問診した後、その人に合った痩身薬が送られてくるので、その薬を飲むだけです。

医療ダイエットは健康な方には向いていますが、このような方は、医療ダイエットをすることはできません。

重症の高血圧、心臓・膵・腎臓・肝臓・脳血管等の障害のある方
薬物やアルコール乱用歴のある方
統合失調症
妊婦、授乳中の方
小児
緑内障を患っている方

痩せる薬をネットで探して飲む危険

「どうしても痩せたい!」とネットサーフィンする人もいると思いますが、痩せる薬としていろんな薬品名が上がってきます。
なかには日本で厚生労働省の認可されていないものもあります。

「わざわざ病院にかかるのは面倒」という人は、個人輸入という手もありますが、医師の処方を受けていない個人輸入では、何が起きようと個人の責任になります。

日本で手に入らないので、個人輸入した痩せ薬で、命の危険を感じる事態になった人がいます。薬を飲んで順調に体重が落ちてきたのですが、突然、話をしようとしたら、口の中がカラカラに乾いて声を発せなくなってしまって、このまま呼吸が止まるのではと感じるほどだったので、慌てて個人輸入した痩せ薬を全部捨てたということです。

個人輸入した痩身薬で死亡したというニュースもありましたよね。

やはり医師の問診で自分自身の体調を伝えて、現在の自分自身にピッタリ合った痩身薬を処方してもらうのが安心ですね。

SM医療ダイエットなら遠隔診療ですから病院まで行かなくて、スマホで診察できます。

MS医療ダイエットは食事制限はある?運動は?

MS医療ダイエットのお医者さんは「無理な食事制限や、辛いトレーニングは必要ありません」と言われています。

MS医療ダイエットでは、処方薬による糖質制限ダイエットですから、普通に食事を摂って軽い運動くらいで充分です。

だから「楽ダイエット」と人気なんですね!

MS医療ダイエットには2つのプランがあります。

・目標体重まで、痩せるためのベーシックプラン
・痩せ終わってから維持するためのキーププラン

せっかく痩せても維持しないと、元に戻ってしまいますね。
そのようにならないために、お医者さんのアドバイスを聞いて、スリムボティを維持しましょう。

MS医療ダイエットの予約からダイエット実施まで

1.スマホでオンライン診察、希望日時予約・・・MS医療ダイエット公式ページで予約します。

2.予約日時の確定・・・クリニックより電話があります。(初診時のみ対面診察)

3.予約日時にクリニックより着信・・オンライン、ビデオ通話で診察
医師の簡単な質問に答えるだけ、食生活、生活習慣などの状況や
どのくらい痩せたいか、痩せた後は維持していきたいかなを聞かれます。10分から15分程度。

4. 最適な薬を処方して自宅へ発送してくれます。

5. 2日後くらいに宅急便でお薬が届いたら、ダイエットスタート

6.アフターケアや再診もあり、サポートしてくれます。

スマホやパソコンで、遠隔診療してくれるから、通院する時間を取らなくていいし、
遠隔地に住んでいると、都会の病院へ通院するのも時間と交通費がかかりますよね。

ダイエットのために通院なんて、億劫になってしまいますが、スマホやパソコンで、遠隔診療してもらえるのはとても良いですね!

そして、最も自分にあった薬を処方してくれますから、自分で適当に選んだサプリメントより効果は確実ですね!

スマホ・タブレット・パソコンいずれかで、ビデオ通話できるアプリで医師と話ができます。

最近はビデオ通話をする機会が増えてきていますよね。慣れれば、便利なものですね!

あなたの持っている端末によって使うアプリが違います。

オンライン診療は、スマホ、タブレット、パソコンのいずれかが必要です。

ビデオ通話をするには、FaceTime(ios搭載端末推奨)
またはGoogle Duo(Android OS搭載端末推奨)
のアプリが必要です。

日頃、ビデオ通話が慣れている方は、すぐに使えると思いますが、使ったことがない方は、
身近でパソコンやスマホを使い慣れている方に教えてもらってください。

MS医療ダイエットは最も楽で確実なダイエット法です。

MS医療ダイエットの副作用はないの?

今までの処方例で重篤な副作用はありません。

医薬品なので副作用があるおそれがあるのも事実ですので、病院へ問い合わせしてください。(公式ページから)

MS医療ダイエットは一人ひとり、お医者さんが問診して、その人に合った薬を処方してくれますから、安心できます。

 

MS医療ダイエットの料金は?

自由診療というと治療費が心配になりますが、

MS医療ダイエットの診察料・処方料含んだ標準的な費用(4週間分痩身薬処方)は公式ページに掲載されています。

医師の診断後、診察だけで終わる場合は費用はかかりません。

4週間分お薬を処方

公式ページをご確認ください。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

MS医療ダイエットのよくある質問

MS医療ダイエットは誰でも受診できますか?

性別や地域に関係なく、全国対応で誰でも受診可能です。

但し、未成年、妊娠中の方などは受診できません。

MS医療ダイエットは運動やトレーニングは必要ですか?

処方薬だけでも十分な効果があるので必要はないが、運動を行えば効果を高めることにつながります。

 

MS医療ダイエットの副作用はありますか?

今までの処方症例で重篤な副作用の発生はないですが、医薬品には副作用の恐れがあるのも事実です。

ご心配なことは病院へお問い合わせください。

MS医療ダイエットはスマホでないと受診できませんか?

遠隔診療にはPC、スマホ、タブレットのいずれかが必要で、ビデオ通話が可能なアプリが必要です。

      

MS医療ダイエットは
リバウンドはありますか?

自己判断で薬を中断したり、治療完了後の暴飲暴食によってリバウンドすることはあります。

MS医療ダイエットの病院はどこ?

MS医療ダイエットの病院は、東京・新宿と、横浜に病院があり
医療法人社団 清佑会 クリニックという病院で、
医療法人社団として認可を受けた自由診療のクリニックです。

医療法人社団 清佑会 新宿院  葉山芳貴 院長
医療法人社団 清佑会 横浜院  屋比久孝 院長

初診時のみ対面診察が必要なので、新宿か横浜の病院で受診します。

再診からオンライン可なので、スマホで遠隔診療診療できます。

遠隔診療診療の良いところ
・交通費がかからない
・待ち時間がない
・ビデオ通話で先生と話ができる
・お薬は自宅へ届く

あなたも、無理をしないで確実に減量効果を実感できる
MS医療ダイエットを始めて、スリムなボディを目指しませんか?
詳しくはコチラ↓↓↓↓↓

13080

この記事を書いた人:carrot03